HOME > 製品紹介 > インライン型全自動テスター ALMAX

インライン型全自動検査装置 ALMAX

インライン型全自動検査装置 ALMAX

製品概要

基板搬送ベルト付全自動プレスユニットです。
検査装置内に当社インサーキットテスター(ICT)を組み込む事で全自動インサーキットテスター(ICT)になります。また、当社ファンクションテスター(FCT)を組み込む事で全自動ファンクションテスター(FCT)にもなります。
機構制御もテスター用パソコンから行う事でPLC等の削減を行っております。
プレスユニットは4軸構造で偏荷重、プローブピン接触不良の軽減を行っています。

インライン型全自動検査装置 ALMAX
(写真左)インライン型全自動ICTーFCT連結装置    (写真右)インライン型全自動ICT 

仕様

分 類 項 目 標 準
対象基板仕様 最大基板サイズ 250mm↑×330mm →
最小基板サイズ 80mm↑×80mm →
基板板厚 0.8mm〜1.6mm
基板形状 長方形(搬送方向が長手→)
基板ソリ 最大2mm
基板重量 1.2Kg以下
レール上面部品高さ 70mm
レール下面部品高さ 7mm
部品実装禁止領域 基板外形より3mm
基板位置決め方法 ガイドピン方式(固定ガイドピン二箇所以上)
位置決めガイド穴 中心が基板端面より5mm以上でФ2〜Ф4精度必要
基本仕様 搬送方向 右→左流れ(左→右流れはオプション)
基板位置決め基準 左手前(右手前オプション)
基板搬送エリア 基板外形より3mm
搬送レベル 900mm ±20mm
タクト時間 10秒+測定時間
電源電圧 AC100V
電源電圧変動範囲 ±10%
電源周波数 50Hz/60Hz
使用空気圧 5Kgf/cm:100リットル/min
動作周囲温度 5℃〜35℃
動作周囲湿度 30%〜80%
床凸凹レベル ±10mm以下
塗装色 日本塗料工業会:M4-309
測定部仕様 テスター機種 Focus-2000/Focus-2220/Focus-3000
MPXボード 標準:2枚(128PIN /1枚)
フィクスチャーケーブル 34芯マニュアル接続用
フィクスチャー方式 上面プレス方式
搬送方式 タイミングベルト方式
搬送レール幅調整 手動
装置外形寸法 700(W) 850(L) 1600(H)
装置重量 300Kg〜

製品一覧へ戻る ↑ページの先頭へ
お問い合わせはこちら
インサーキットテスターFunction検査モジュール インライン型全自動テスター IC・BGAテスター バーンインボードテスター ICTテストフィクスャー ファンクション検査冶具

協立テストシステム
株式会社

〒252-0331
神奈川県相模原市南区
大野台4-3-11
TEL 042-730-9044

お問い合わせ