HOME > 製品紹介 > X線自動検査装置 V810 S2EX

X線自動検査装置 V810 S2EX

X線自動検査装置 V810 S2EX

製品概要

X線自動検査装置 V810 S2EX
X線自動検査装置 V810 S2EX

ViTrox社製"V810 S2EX"は、透過型エックス線装置では検査が困難な両面基板に対応した3次元X線自動検査装置です。

広範囲の不良検出能力に加え、HIP不良における100%の検出能力を持っています。さらに超高速検査速度、極めて低い誤検出率能力を兼ね備えたインライン運用可能な世界最高レベルの検出能力を有した検査装置です。

容易なプログラミング
フォーカス領域カスタマイズ
スライス設定時間短縮とPOP部品のフォーカス精度が向上
自動学習機能
オートラーニング(自動学習機能)によりプログラム時間を大幅に短縮
部品ライブラリ
ライブラリ化した実装部品情報を利用することでプログラム時間が大幅に短縮
バーチャルライブ2
不良解析ツールとしてマルチスライスイメージによる確認が可能
CADクリエータ
実装基板のX線イメージまたはSMTマウント情報からCAD作成が可能
高度なテクノロジー
独自のハイブリッドオートフォーカス技術
ステージ、X線源のポジションを変えることなく所定の高さで優れたフォーカシングが可能
ハンダ特性プロファイル
プログラムチューニング・トラブルシューティングにおいて十分なジョイント情報をご提供
イメージ最適化
部品相互の陰影による検査困難なポイントでも、ダイナミックレンジオプティマイズ技術により高品質なX線イメージを生成可能
イメージ品質
イメージエンハンスメント機能(強調)
V810のマルチイメージエンハンサ技術を用いた鮮明なコンポーネント画像のため、ボイド検出や目視検査がとても容易
3D CT イメージ
V810アプリケーションとリペアステーション(VVTS)により、3Dモデリングイメージをご提供可能
点像分布関数(Point Spread Function)
2.5Dイメージ品質向上により、オペレータの検査判定をさらにアシスト
テストカバレッジの改善

20種以上のジョイントタイプアルゴリズムをご提供

PSP 2(Phase Shift Profilometry)
実装部品がすべてPTH(スルーホール)、プレスフィットであっても高い検査精度と高い検査カバレージをご提供
新しいボイドアルゴリズム
従来のボイド検出機能に加え、25mm以上のパッドを持つ部品にもボイド検出機能が適用可能
PTH(スルーホール)
IPC標準規格に完全準拠し、ホール内の検査スライス位置を最大10か所指定可能
BGA
HIP(枕不良)検出を向上させるために最大5カ所の検査スライス位置を指定可能
容易な検証作業
リペアステーション(ViTrox Verification Tool Solution)
検査後のオペレータの検証作業をアシスト
オートリジェクト
オペレータの検証作業以前に不良ジョイントをオートリジェクト
良品画像との比較
不良ジョイント画像と良品画像の比較検証作業をアシスト
診断イメージ
ボイドエリアの強調表示と、ボイド領域規模のパーセンテージ表示
製品一覧へ戻る
お問い合わせはこちら
インサーキットテスターFunction検査モジュール インライン型全自動テスター IC・BGAテスター バーンインボードテスター ICTテストフィクスャー ファンクション検査冶具

協立テストシステム
株式会社

〒252-0331
 神奈川県相模原市南区
大野台4-3-11
TEL 042-730-9044

お問い合わせ